さくら坂メルカート攻略!! その1

さくら坂メルカートはリピーターの多いイベントです。
とはいえ「はじめてきたのよ」と仰ってくださるお客様もたくさんいらっしゃいます。

はじめて・・・そう、せっかくの休みにはじめて来て、何も情報もなく、思った以上の人混みに巻き込まれ、「なにをしていいのか分からない」まま歩き回り、何も手に取れず、とはいえ連れ合いはやたらと楽しそうなので「帰りたい・・・」とも言えない。

・・・あ、どうも、ボン・ジョルノです。

とまあ、そういう事態は出店者一同まったく望んでおりません。というわけで勝手に攻略法を伝授することにいたしました。攻略法というのが適切なのかはわかりませんが、ファミコン世代なのであしからず。

ちなみに出店者目線かつ男性向けのルートです。

よくわからないまま行列に並んでみる

お早めに来た方は入り口から続く行列に気づくことでしょう。
とりあえず何も考えずに並んでみましょう。

行き着くさきは守谷でも人気のパン屋さんバッケンバルトのブースです。
まずはバッケンバルトのパンと覚えておきましょう。

お連れ様には「並んでおくから他のお店に行っといで」なんて優しい言葉をかけると株も上がるってもんです。
かなり知名度も高いパンなのでおみやげにも喜ばれます。

とりあえず歩こう

モータリゼーションや公共交通機関の発達した現代。
ふと気づくと「そういえば歩き方忘れた」そんなこともしばしば。

さくら坂メルカート会場は緑あり、石畳あり、階段あり、そして抜群の風景有りと楽しさバツグンです。

散策してみましょう。




疲れを感じたら、すいてる内にマッサージ

さくら坂メルカートの出店者内で人気の「Lei Lino ALOHA」ハワイアンロミロミのブース。
格安でマッサージをしてくれます。午前中の早い段階でしたらそんなに並ばずにすむかもしれません。

場所がものすごくわかりにくいところにあります。
「ラピュタの巨人兵の頭がある小屋の中、革製品のブースとともにある」
というのがヒントです。


見つけられるかな?

探すのも楽しいですよ。

ランチは早めに

そんなこんなで11時くらいになると、ぼちぼちレストランが混んできます。席があいているようならば早めにランチにしましょう。

もし、席がとれなくても大丈夫。

さくら坂メルカートの屋台もプロフェッショナル。おいしいものを探してください。




決断は早めに


あ、これいいなと思ったものが見つかったら、とりあえず押さえておきましょう。
出店者の想像を超えるスピードで売り切れる事もあります。
気になるものがあったら少量でもいいから買っておく、これが楽しむコツです。

さくら坂メルカート攻略!! その2」につづく

コメント