スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

8月のさくら坂メルカート

8月のメルカートは帰省ラッシュにカブります 毎月第二日曜日に開催しているさくら坂メルカートです。当たり前といえば当たり前なのですが、カレンダーの関係で帰省ラッシュにカブります。
茨城県はどちらかといえば帰省される方の多い県です。 おかえりなさい、みんな。 茨城県に戻ってきたものの何かやることあるのか?問題 車だったら「常磐道」 電車だったら「つくばエクスプレス」や「常磐線」 をひた下り 渋滞やら混雑やらを乗り越え
ご実家にもどり ご家族にご挨拶をし ご飯を一緒に食べ ご先祖へのお墓参りを済ませたら
持ち上がってくるのが
「茨城県に戻ってきたものの他に何かやることあるのか?問題」です。
せっかく忙しいなか労力を割いて茨城県に来たというのに、ふと振り返ってみたら子ども(孫)たちはセッセとスマホをいじりたおし、結局会話もない。 なんだかせっかく帰ってきたのになあ・・・という具合になっていませんか?
ボンジョルノは良くなります。ちょっとせつない。 茨城っぽさと茨城っぽくなさとでちょうどいい ということで、今年の帰省時には「さくら坂メルカート」にいらしてください。
具体的にはこんなところです。↓

明日は家内の出店手伝いで、さくら坂メルカートに参加いたします。お天気下降気味ですので、お早めにお越しくださいませー♪ #さくら坂vivace #さくら坂ビバーチェ #さくら坂メルカート #イタリア 鳩ヶ谷ベースさん(@hatogaya.base)がシェアした投稿 - 2016年 9月月9日午後11時17分PDT

「ほどよく茨城っぽく」
「ほどよく茨城っぽくない」

せっかく帰ってきて、茨城の良さをタンノウしつつ、なにか今までの茨城とはちょっとだけ異なったものを楽しむことができます。

レストラン主催のイベントだけあって、おいしいものが多いのが特徴です。

そして「ほどよい広さ」のイベントです。
今回は25店舗が出店します。
ぐるっとひと回りすると満足、でも、そんなに疲れない。

次の日の朝食用に人気のパン屋バッケンバルトのパンを買うのもいいし

今日のさくら坂メルカートは、天気もよくてポカポカ。風もないし穏やかな1日でした♪ 田園風景を眺めながら、もちもちの手打ちパスタ食べたり優雅な時間を過ごしました♪♪ @patisserie301 さんのスイーツとホットチョコレートが、なぜか「真実の口」の…

2018年4月8日のメルカート

本日はさくら坂メルカートでした。

メルカート開始前の会場風景を撮ってみました。せっかくなので出店者しか入り込めないゾーンの一枚です。



写真だと最高の天気にしか見えません。
でも実際は風も強くて、思った以上に寒かった。

Casa della ceramicaの商品もたなびく1日でした。
お客様も出店者も寒さに震える午前中、外の出店者は完全に服装が冬でした。
それでも、本物のシチリア陶器を扱っているCasa della ceramicaは人気があります。お客様は途切れず、まー忙しそうでした。来月以降も新作がどんどん入荷してくるそうです。
食器は毎日使うものですから、どうせなら良いもので人生を豊かにしたいものです。


Casa della ceramicaの前には坂東市の老舗「古谷醤油酒店」が吉久保酒造独占販売のベルゴというフランスのお酒を新しく販売していました。試飲した出店者の評判は良好でした。
ボンジョルノもひとつ購入です。
市場長は1ケース買っていました。
隠れた一品と出会えるのもさくら坂メルカートの魅力です。

先月から出品の鯖専用の日本酒「SABA de SHU」は人気のため製造元の生産が追い付いていないそうで、見かけたら今のうちに手に入れて置いた方が良いと思います。運が良ければファーストロットが手に入るかも。


犬にも人気の古谷醤油酒店のブース なんと吉久保酒造の水戸つながりでわら納豆が販売されていました。

メルカートの中二階、トスカーナ料理の「チッチーノ赤坂」の前にあるレザークラフトTAMAのブースに格好のいいカバンが並んでいたので早速撮影です。

レザークラフトTAMAのブースにはかなり男らしいラインナップも
なんとなくモノクロームで撮ってみたら、なかなか渋めの撮れ高です。絵になるなあ。ここはオーダー製品も扱っているので希望のデザインや用途をお持ちでしたらぜひ相談して見てください。

中二階の周りは名店ぞろいです。トイレもここにあります。
それでは場所を変えて、ちょっとわかりにくいゾーンのお店のご紹介です。


最近ボンジョルノがついつい遊びに行ってしまうのがスワロフスキーアクセサリーのshine.m.です。開場入り口すぐの右手側にある建物の中という、かなりわかりにくいところにあるので、気づかなかった方もいらっしゃると思います。

さくら坂メルカートを代表するめちゃめちゃ美味しいパン屋のバッケンバルトが入り口にあるんですが、その奥に何店舗かお店があることに気づかれない方多数のゾーンです。その中のひとつギャラリー美泉ではたまに本物のアンティーク銀食器が販売されていたりします。

ケーキのパティスリー301があるのもこの建物です。ボンジョルノもここにいます。


おかげさまで、新製品の和三盆のプリンはあっというまに売り切れました。抹茶プリンは若いお嬢様方から好評で、来月もお持ちいたします。

ブールドネージュをビンにいれたら思いの外しっくりきました。

さてさて、話を戻しましてshine.m.のご紹介です。



上の写真のような作品を手頃な価格で販売しています。ハンドメイドなのでデザインが他の人とかぶらないという安心感もあります。
こちらもデザインオーダーOKだそうです。しかも今月からクレジットカードでの支払いもできるようになったそうです。押せ押せの接客がないブースですので、リラックスしてご相談なさってください。

さて、改めて外に出ると、鐘の下が盛り上がっていました。

あれ、この椅子って小学校のときに座っていたものだ

鐘の下に出店していたのはアンティークショップの「うぽぽ」さん、出店してからまだ間もないブースです。これがまた面白いものしか置いていない掘り出し物だらけのお店です。うっかりすると財布の紐が緩みます。オシャレな店主さんが丁寧に商品の説明をしてくれます。


奇しくも、うぽぽのインスタグラムの写真と構図が完全に一致してました。間違い探しみたいに2枚の写真の違いを探してみてください。

それでは最上階です。ここはメルカートに古くから出店し続けているお店が並んでいます。


手作り石けんのTeTeのブース、ここのねんど石けんワークショップは誰かしらお客様がいるという空間です。高品質の手作り石けんが販売されているので、自分の好みのものを見つけることができます。ボンジョルノはおじさんなので、炭石けんがお気に入りです。




がまぐち販売のgamaruも最上階にあります。

リーバイスの赤耳でつくったピンポイントで誰かの心をくすぐる商品もありました。

ここは人気のブースです。がまぐちの内側の布も各商品ごとに異なっているそうです。購入の際は中も確認してからのほうがよりお気に入りがみつかります。店主もよろこんで中を見せてくれるので遠慮はなしです。


面白い布製品を探したい方は「たかほりひろこ」です。コミカルな作品から、同一人物が作ったとは思えないほどのシリアスな作品まで幅広く揃っています。プロデザイナーが作っている作品を直接手に取ることができます。今回はボンジョルノ、たかほりさんにエプロンの作成を依頼しておりました。オーダーメイドもできますので、ぜひ相談してみてください。



ハンギングバスケットが揺れていたのがガーデニング雑貨を扱っているルレーブのブースでした。
ひつじにやられたのは言うまでもありません。
今日は寒かったですか?とたずねたところ「さむかったよー」というストレートなお言葉が返ってきました。確かにもっとも風に吹かれる場所にいたのは彼女かもしれない(笑)。
これからガーデニングにぴったりな季節になります。商品をお買い上げの際はデコレーションテクニックも一緒に相談なさってください。ちょっとしたコツで劇的に見た目が変わるはずです。お花のコーディネートのプロなのでフラワーアレンジメントの相談にものってもらえます。

最上階にはワールドワイドな雑貨を展開する「Belle Gisele」も出店しています。毒のある商品も置いてあって、かわいいだけでは物足りない方におすすめです。


今日はここまでです。まだまだ紹介していないお店がたくさんあるんですが、それはまた次の機会に。

コメント

人気の投稿

出店者リスト

出店者リスト

🇮🇹2018年8月12日(日曜日)出店者リスト🇮🇹 バッケンバルト...

さくら坂メルカートさんの投稿 2018年7月31日火曜日

地図